京橋キャバクラ3つのルール

京橋キャバクラで遊ぶ上で大切にしたいルール3か条

キャバクラにはお店のルール説明には載っていないけど暗黙のルールとして知られていることがいくつかあり、それを把握しておくことで今後の京橋でのキャバクラの遊び方が変わりますよ。ぜひ頭の中にインプットしてからお店を訪れて下さいネ。

女の子に優しく

キャバクラで働く女性だけではないですが、女の子にお金を払っているからと言って何をしても何を言っても良いわけではありません。ボディタッチが禁止なのに無理やり触ったり暴言をはいたりするとそのお店からは出禁になってしまいます。女の子には優しく接することを心がけるようにしましょう。特にその日体験できている女の子や新人の女の子など慣れていない子に対しては、あなたの印象=京橋キャバクラのお客さんの印象としてインプットされる可能性があるので、優しく接してあげることをオススメします。

ケチケチしない

基本的にキャバクラでの女の子ドリンクは有料ですが、有料だからといって全く女の子ドリンクをなしにすると女の子もテンションが上がらずサービスの質も自然と落ちてしまうかもしれません。たまたまついた女の子がお酒を飲むのが苦手な場合などは良いですが、そうではなくてドリンクいただいてもいいですかと聞かれた場合には、1杯はごちそうしてあげることがオススメです。

キャバ嬢の指名は基本1人

京橋キャバクラの1店舗で指名する女の子は1人にしましょう。どうしてもその女の子と合わない場合は指名替えをすることができますが、同じお店の中で日によって指名を変える等をしていると、女の子同士での喧嘩の原因ともなりえるため、キャバ嬢から嫌われてしまいます。ちなみに同じエリア内での複数店舗でのキャバ嬢の指名は可能ではありますが、同伴時に他店の指名嬢と出くわしてしまった場合、かなり気まずい思いをすることとなります。